ビビリマン

自宅に帰ってしばらくしたときのこと。


いきなり「フッ」と部屋の明かりが消えます。そして、すぐに復旧。


2〜3秒ほど経過して、また消灯⇒点灯。


「身の毛がよだつ」とは、まさにこのことですね。
廊下の電気が点いているので完全に真っ暗にはならなかったのですが、
それでもかなりの恐怖体験です。


単に蛍光灯が老朽化しているのか、それとも・・・?