魔法?

信楽ICから新名神へ。
天気はいまいちながら、サービスエリアは人でいっぱい。
名港中央ICにて高速を降り、12時30分過ぎに会場到着。


Bee-Rのデモカー?とのぼりを発見。
あとは、それらしきCX-7が2台、端のほうに止まっているだけ。
駐車場がやたらと広いためか、車が少ないように感じる。さすが名古屋。


油断していたらガソリン警告灯が点灯したので、一旦給油のため駐車場を出る。


給油後、13時を少し過ぎて駐車場に戻るも、やはり人の気配なし。
このあたりで雨が降り出す。まいったなぁ。
13時30分過ぎになって、ようやくそれらしきセレナ到着。


リアハッチを空けた状態のセレナに縦列駐車。
希望を聞かれたので、
「特にはないけど、高回転が回らないのでなんとかしたい」と告げる。


手際よくバッテリー横の診断端子?を外し、パソコンと接続。
データを送り込むバーがゆっくりと進んでいく。


駐車場でクルクル回りだす愉快なランエボとシルビアを観戦しながら、
約10分ほどで書き換え終了。


さっそく試乗・・・雨なので慎重に。エンジンをかけた時点では、特に変化なし。
ギアをリバースに入れて、軽くアクセルをあおると感覚的には1000rpm前後のつもりだったのに
1500rpmあたりまで上がってしまう。
このあたりの印象は、他の方のインプレにもあったとおり。
電子スロットルのデータを書き換えたのかね。


で、きわめて慎重に・・・1速での発進。
多少意識すれば、ギクシャクすることもなく操作可能。


駐車場の空いたスペースを使って、2速、3速とシフトアップ。
・・・特に違和感なし。パワーアップもダウンも感じず。


まあこんなもんでしょ。主な目的はスピードリミッターの解除なので、問題なし。
お金を払って、駐車場を出ました。


まずはポートメッセなごやのまわりを一周。
ところが、ここで明らかに違いが出てきた。


感覚的には、シートを2ノッチ前に寄せたような感じ。
今までの感じでアクセルを踏むと、「高燃費」走りになってしまう。


で、帰りの高速でさらに違いがハッキリすることに。
ブーストがかかるまでの具合が以前よりも早い気がする。
雨が強くなってきたので全開にはできなかったけれど、たとえば
5速100kmからのパーシャル加速でも「グググッ」という感じで、タービンが頑張っている感じ。
しかし、この状態からの加速はエンジンによくない気がする。


結局のところ、アクセルがワイヤー式でないため比較は難しい。
Power-FCみたいな感じで、インジェクターの開度などが分かるモニターがあればよかったのかも。



予想よりも早く大阪へ帰ってこられたので、ディーラーへ。
先週に引き続きAutoexecフェア開催中。とはいえ、ビアンテが飾ってあるだけでなんとも寂しい。。。


今週の目的はシート。他にも希望者がいるとのことで、シート単体を取り寄せてくれていた。
店内に入ると、奥のほうに展示してあるのが目に入った。


その横には、シートが梱包されてきたと思われるBRIDEのダンボール。
予想通り、ベースはBRIDEのDIGOで表皮をスエードに張り替えただけのOEMらしい。
とはいえ全体的には落ち着いた感じでなかなか良い。
そもそもDIGOの肩部分に張ってあるカーボン調のシートが安っぽくて気に入らなかったので。


そこで悩む。悩む。見積もりを出してもらうと、シートレールと取り付け費込みで9万。
いや、値段はともかく。
それ以上に悩むのが外した純正シートの保管場所。
前車のときに純正シート2脚を部屋の中に置いていたのだが、さすがに狭かった。。。
いっそベランダに放り投げておければよいのだが、ホイールやタイヤならともかく、シートはちょっと厳しい。


非常に残念ながら、今回は見送り。。。
なんだか悔しかったので、代わりにヘリカルショートアンテナなどを購入して帰宅。