世界遺産

さて、その博物館でも多く目にした「祝!〜」の文字。
次なる目的地はそう、世界遺産への登録が決定した「石見銀山」です。
いやぁ、実にタイムリーでキャッチーなネタですね。(笑)
雨と風がますます強くなりますが、それでも行きますよ〜。

小一時間ほどで駐車場へ到着。ここからはシャトルバスで現地へ10分ほどです。
しかし・・・予想通りといいますか、現地はちょっとしたカオス状態。
町並み地区と鉱山跡を往復するシャトルバスが15分に1回程度あるのですが、
ラッシュ状態の乗車率でも積み残しが発生するほどです。こりゃ、お年寄りにはキツイですよ。

しばらく悩んだのですが、ガイドをみると鉱山跡までは片道約3kmらしいので歩いてみることにしました。
まぁ、まだ若いし、なんとかなるだろうという考えだったのです。

なのですが・・・・・・・・・・つ、疲れました。。。
たしかに途中まではいわゆる山村の町並みが1kmほど続いているのですが、それを過ぎると
単なる「田舎の何もない県道」になってしまうのですね。アンド上り坂。
こりゃ、多少待ってでもバスに乗った方がよかったかもしれませんね。

そして、ようやく「龍源寺間歩」に到着です。
おー、天井が低いですねぇ。でもって、涼しい!
600mほどの長さらしいのですが、途中で落盤があるらしく、実際には150mほどしか
見ることができないのが残念ですね。