こんなのドラえもんじゃないやい!

う、うわぁ・・・これは・・・。
正直、かなり疲れました。半泣きです。
生まれてからずっとなじんできたその声は、もうそこにはありませんでした。

・・・また自宅に戻ってからじっくりと見てみたいと思います。